メニュー

胃大腸の同日・同時内視鏡検査

胃大腸の同日・同時内視鏡検査について

患者さんの身体的・時間的・経済的負担を軽減します

当院では患者さんへの時間的負担や症状などを考慮して、胃と大腸の内視鏡検査を同日に実施することができます。

  • 検査前日から行わなければならない辛い食事制限
  • 検査に備えて何度もご自分の予定を調整しなければならない手間
  • 病院での長い待ち時間
  • その後必要となってくる通院回数

そのすべてが最小限に抑えられることがメリットです。

また、当院では前処置からリカバリー(休憩)まで一貫して行うこともできるので、初めての患者さんにも安心して検査をお受けいただけます。 

特殊な専門性が認められた医療機関でしか実施することができない同日同時検査

一般的なクリニックにおける内視鏡検査は、胃と大腸それぞれ別日を設けて行うことが通常です。しかし、当院では内視鏡検査に精通したエキスパートな知識と技量を持つ専門医師とスタッフ、リカバリーまでを含めた高度な医療環境の両者が整っていることで同日同時検査が可能です。ポリープや早期がんが見つかった場合でも、切除が可能なレベルであればその場で切除し、処置もスピーディに完了できます。患者さんへの身体的負担・時間的負担・経済的負担も結果的に少なく抑えられるというメリットの多い同日同時検査。お仕事や育児などで検査のお時間を確保することがなかなか難しいという患者さんに喜ばれています。

 

胃・大腸内視鏡同日検査の流れ

①前処置で胃と大腸の中身をすべて出し切っていただき、検査のご準備を願います。

通常、腸内をきれいにする前処置はご自宅で処方された下剤を飲むなどして前日から当日の午前中にかけて行っていただく場合が多いですが、ご希望に応じて前処置の工程から当院でお受けすることが可能です。お気軽にスタッフまでご相談ください。

②検査着に着替え、鎮痛・鎮静剤を用いて患者さんは睡眠状態に入ります。

下部内視鏡(大腸カメラ)は肛門から挿入されるため、当院では原則鎮痛・鎮静剤の使用をおすすめしています。軽度の鎮静剤を用いることで患者さんは恐怖心や苦痛を感じることなく検査をお受けいただけます。鎮静剤の使用にあたっては呼吸管理や心電図、酸素吸入など全身状態の精密なモニタリングが必須となるため、経験豊富な熟練した技術を持つ医師とそれに対応できる整った高度な医療環境の両者が必要となります。当院では消化器内科における最高水準の知識と技術を持った医師が検査を行いますので安心してご利用いただけます。

③上部内視鏡(胃カメラ)にて胃内部をくまなく観察します(所要5~10分程度)

当院で使用する上部内視鏡(胃カメラ)は5mm径と非常に細く柔らかな最新鋭のスコープです。必要に応じて胃の粘膜の一部を採取し(生検)、組織検査を行うこともあります。
詳しいご説明はこちら

④胃内視鏡検査終了後、すぐに大腸内視鏡検査に取りかかります。(所要5~10分程度)

胃内視鏡検査終了後、ストレッチャーに乗ったまま180度回転して大腸内視鏡検査の準備に取り掛かります。肛門から大腸カメラを挿入し、大腸内部の異常の有無を確認いたします。シワやヒダがあると異常が見つかりにくくなるため、腸内に炭酸ガスを送気して適度に膨らませながら観察しています。空気を挿入する病院も多いですが、当院では患者さんのお腹の張りによる苦しさを最小限に抑えるため腸管吸収率の非常に高い炭酸ガスを使用しています。これにより検査後に感じる患者さんのお腹の違和感も軽度に抑えられます。
詳しいご説明はこちら

⑤検査終了後はリカバリー室にてお休みいただきます。(所要1~2時間程度)

鎮静剤の効果が覚めて安全にお帰りいただける状態になるまで、専用の休憩室にてゆっくりと身体をお休めください。リカバリー室には内視鏡室からストレッチャーに乗ったまま移動しますので、患者さんが目覚められる頃にはすべてが終了している状態となります。

⑥十分な身体の回復が確認されましたら、医師より検査結果のご説明をさせていただきます。

検査前の正常な状態までリカバリーしたことが確認できましたら、医師より検査結果のご説明を差し上げます。状況によって今後の治療についての方針等をお話しさせていただきます。不明点やご質問がある場合にはお気軽に医師にご相談ください。なお、お帰りの際には安全のため車や自転車などの運転は控えるようにしてください。ポリープを切除した場合などは2週間ほど飲酒・過度な運動・旅行等は制限していただきます。

【同日同時検査を受けられている患者さん例】
  • 忙しくて複数の検査日や時間を割くことができない方
  • 人間ドックや健診等で胃・大腸の両方に異常が指摘されている方
  • がんの予防に高い関心を持たれている方  など

 

同日同時検査の価値と有効性をより多くの患者さんへ―

同日同時検査を行えるための高度な設備と人材の整ったクリニックはまだ少ないのが実情です。当院の内視鏡室の開発にあたっては、「患者さんの乗ったストレッチャーを自在に移動させられるための十分なスペースと安全性の確保」「専任スタッフたちが集結しそれぞれが最大限のパフォーマンスを発揮できるための医療環境の整備」を等しく重視しました。同日同時検査の価値と有効性をより多くの患者さんに知っていただき、一人でも多くの早期がんの発見に貢献できれば幸いです。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME