メニュー

痔疾患

肛門の病気と言えば痔です。痔とは、肛門の周辺に生じた疾患のことを差します。

いぼ痔(痔核)

いぼ痔とは、過度のいきみや血行障害によってできる、肛門部分の腫れをさします。歯状線と呼ばれる、肛門の入り口付近から約2cm奥にある境界部分から、内部にある痔核を「内痔核」外側にある痔核を「外痔核」と言います。

内痔核は基本的には痛みはありませんが、排便時に出血を生じやすく、大きくなると肛門外に脱出することがあります。肛門外に脱出した場合は、軽度であれば座薬や軟膏で治療できる可能性があります。その他の場合はジオン注や手術による治療となります。

外痔核の場合は、あまり問題になることは有りませんが、血豆が出来た状態になる場合は、痛みが伴いますので、治療が必要です。

ジオン注とは、内痔核の硬化療法に用いる薬です。  肛門の外にとび出た痔を小さくし、出血などの症状を改善します。 

きれ痔(裂肛)

きれ痔とは、肛門部が切れる症状をさします。

便秘など硬い排便の際などに切れることが多く、痛みやかゆみがともないます。

一般的には薬で治療します。慢性的に切れる場合は、肛門の筋肉を伸ばす治療を行ったり、手術を行うこともあります。

あな痔(痔瘻)

あな痔とは、肛門周辺に瘻管と呼ばれる管状の穴ができて、そこから膿がでる疾患です。

多くは下痢などの際に、細菌が肛門周辺に侵入して炎症を起こし、瘻管ができます。

あな痔の場合は、完治のためには手術が必要となります。

重篤なものになると、あな痔部分から癌が発生することもありますので、お早めに当院にご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME